メンズ

対策で変わる鳩の存在│ノウハウを駆使して業者が解決

アライグマの害獣化と対策

あらいぐま

傷つけない対策がある

アライグマは害獣のイメージがない方も多いと思いますが、人が生活する環境に侵入して食物を荒らしたり作物に被害をもたらすことで知られています。もともと北米に生息していますが、日本で起きた一時のアライグマペットブームで日本にもアライグマが輸入され、ブームの結果として脱走や放棄が増えます。そして、野生化したアライグマが増殖したとされます。特定外来種に指定されているので自力で駆除を行うこともできますが、アライグマは性質的に凶暴なので駆除は専門の業者に頼む方が安全です。しかし、傷つけることなく駆除したいなら自力の方がオススメです。アライグマに危害がない駆除法として、青色LEDが注目されています。最近の研究により夜行性動物は青色LEDの光を嫌うことが判明したので、活用することで傷つけることなく駆除できるとされます。もっと簡単な方法では、アライグマの天敵とされるオオカミの声を流す方法もあります。

生態を考慮した対策を行う

アライグマは夜行性で、木登りが得意な雑食性動物です。木登りが得意ということは、柵を立てたとしても登って侵入してきます。触れると電気が走る電気柵もありますが、人にとっても危険であり動物にとって痛々しい駆除道具になるので柵は素材を考えることをオススメします。次に雑食ということですが、野菜・肉・魚など何でも食べるので人には守るべき物がたくさんあると思います。野菜は畑に被害が出やすいので、畑の周りに忌避剤を撒いておくと良いです。忌避剤には効果期間があるので、定期的に撒きます。肉類はニワトリなどの比較的小さな家畜やペットがいる場合に要注意で、侵入を防ぐ対策や小屋の劣化状況の確認が大事です。魚類は、外で金魚や鯉を飼育している場合に対策が必要です。アライグマは見た感じ可愛いので駆除なんて可哀想という意見もありますが、被害にあった人からしたら困った存在です。見た目と裏腹に凶暴で可愛い性質ではありませんが、どんな動物も傷つけて良いものではないので傷つけずに駆除する方法を行うと良いと思います。