メンズ

対策で変わる鳩の存在│ノウハウを駆使して業者が解決

強烈な悪臭を発するイタチ

イタチ

イタチが家に悪臭持ち込む

家の中に悪臭が発生する原因は数多く考えられますが、その中の1つとして野生動物の侵入が挙げられます。日本ではハクビシンやアライグマ・イタチが悪臭被害を及ぼす動物の代表格です。特にイタチは最も強烈な悪臭を発する動物だけに、警戒が必要なのです。日本に生息するイタチには2種類があります。北海道の一部を除いて全国に分布するニホンイタチと、西日本を中心に分布するチョウセンイタチです。イタチには昔から最後っ屁と呼ばれる防衛行動が知られている通り、強い悪臭を発する臭腺が発達しています。その体臭に加え、家に侵入した場合の糞尿による悪臭が問題となるのです。イタチは壁を垂直に登ることができるため、侵入被害も天井裏で最も多く発生しています。イタチが天井裏などに住み着くと、同じ場所に糞尿をされて家に悪臭も同時に持ち込まれることになります。ニホンイタチは比較的大きいオスでも体長が30センチ台で、体重は600g程度に過ぎません。わずか3センチの隙間さえあれば、室内に侵入されてしまいます。西日本では都市部でもチョウセンイタチが増えています。ニホンイタチより大型ですが、チョウセンイタチも体長は40センチ以下です。

狩猟獣でないメスのイタチ

どちらの種類のイタチもメスはオスよりかなり小さく、ニホンイタチのメスは体長30センチにも達しません。メスのイタチは繁殖のために天井裏へ侵入することもよくあります。外敵から身を守れる安全な屋内に巣を作れば、安心して子育てに専念できるのです。こうしたメスのイタチ駆除は、オスの場合よりも厄介な作業となります。メスのイタチ駆除を困難にしているのは、オスと違って狩猟獣に指定されていない点にあります。そのためメスのイタチは狩猟期間内であっても捕獲することができず、違反した場合には罰則が適用されるのです。オスのイタチを駆除する場合でも、法律の範囲内で実施しなければなりません。イタチ駆除は許可を得た専門業者に依頼するのが無難です。プロの害獣駆除業者がイタチ駆除を行なう場合は、忌避剤や音・光などを使ってイタチを追い出します。イタチの嫌う臭いを生じる薬剤を天井裏などに設置することで、逃げ出すように仕向けているのです。イタチ駆除はこうした追い出しや捕獲ばかりでなく、侵入口を塞ぐ防除対策も欠かせません。害獣駆除業者はイタチ駆除後も天井裏など被害個所の清掃や消毒まで実施し、しみついた悪臭を完全に消してくれます。