男性作業員

対策で変わる鳩の存在│ノウハウを駆使して業者が解決

アライグマの害獣化と対策

あらいぐま

アライグマは北米からペット用として輸入され、仕舞いには放棄などにより野生化して日本で個体数を増加させ、今では害獣となり駆除件数も増えています。可愛いという理由から駆除反対の声も挙がりますが、凶暴で立派な害獣になり得る動物です。しかし、傷つけることのない駆除方法を考えて行うことが人間には必要です。

詳しく見る

強烈な悪臭を発するイタチ

イタチ

家の中に悪臭が発生する原因の1つに、野生動物が住み着いて糞尿の被害が発生していることが考えられます。中でも3センチの隙間から天井裏などに侵入するイタチは、強烈な悪臭を家に持ち込みます。メスのイタチはオスより小さく、狩猟獣でないため捕獲できません。イタチ駆除は専門の業者を利用するのが無難です。

詳しく見る

被害を防ぐための手段

ハト

鳩は公園などで見かけるだけならよいですが、自宅のベランダに来るようになると糞は沢山落としますし、群れる習性があるために沢山の鳩がやってくるようになり、巣を作り子供を産み、また増えるというのを繰り返すということにもなりかねません。鳩の糞も不衛生ですがそれ以上に糞の中にある菌が乾燥して空気中に舞い、それが人間の体内に入るとクリプトコッカス症などにより肺炎や髄膜炎になることもあるので危険です。このような事になる前に鳩対策をすることが必要です。鳩は一度住み着いてしまうとその場所にとても執着することが知られています。色々対策をしてもそれらをくぐり抜けて戻ってこようとしますので早めに対策をすることをお勧めします。

鳩対策でポピュラーなものはネットを張ることです。侵入できないようにしっかりきちんと張らないと端っこから入ってきたり小さな隙間から入って来ますので効果が無くなってしまいます。入られてしまったらそこは襲われることもない安全で居心地の良い場所になってしまいます。剣山を置く方法はかなりびっしりと設置しないとあまり意味がないですが、飛んでくるベランダの手すりや足元などに両面テープなどを使って貼ると良いです。忌避剤などの薬品を塗る、テグスを使ったり磁石や超音波や粘着シートなどがありますが、もし効果がなかなか得られないのであれば、専門業者に依頼して解決してもらいましょう。専門業者であれば専門的なノウハウによって、被害が拡大する前に対応してくれます。綺麗に清掃も行なってくれるので、再度鳩が来るのを防止するだけでなく、衛生面的にも良くなります。

ハクビシン対策最前線

白鼻芯

近年都市部でも住宅への侵入被害が増えている害獣として、ハクビシンが挙げられます。ハクビシンは3〜4センチの隙間からでも天井裏等に侵入し、糞尿や騒音などの被害を与えます。ハクビシン駆除は鳥獣保護法の範囲内で実施しなければなりません。許可を得た害獣駆除業者は、最新兵器を使ってハクビシンを撃退しています。

詳しく見る